「日本のおもてなし、インバウンド」にも応援します!

「日本のおもてなし、インバウンド」にも応援します!

日本国政府の目標であった2.000万人を超える勢いで世界中から観光客が激増しています。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、日本は「インタナショナル」までまだ努力が必要ではないでしょうか。

しかしながら、この急激な変化に対応することは中小企業では困難だと思われます。
いきなり流暢に外国語を話せるようになることは難しいですが、IDマネジメントではインタナショナルに対応していきたい企業様にお手伝いできないかと考えております。

・来店していただいた外国人のお客様に困らせないように
当社の外国人スタッフをインタビューしたのですが、
「来日したばかりの時、日本語がわからなくて、食事に大変苦労しました。英語などのメニューがあれば親切ですね。」という回答がありました。
食券の買い方、メニュー、食材、調理方法、料理の美味しく食べ方、アレルギー食材の注意などを多言語にしてはいかがでしょうか。

・観光客だけでなく、ビジネスやスポーツの大会などで中長期滞在者が美容室や小売店に来店した際、お客様の要望を聞くのが難しいといった相談もありました。基本サービスの対訳はもちろん、タブレットのアプリケーションで言語や性別を選択し、要望や不満などを選択して伝えられるシステムも提案したいと考えております。

「welcome」「English and Chinese MENU available」などのおもてなしの準備はお済でしょうか。もしかしたら、少しの準備でお客様が増えるかもしれません。

「クールジャパン」計画の推進により、インバウンド増加による大きな経済効果を生み出すことが可能です。IDマネジメントはこれをチャンスと考えている企業、ホテル、小売店様の多言語対応を全力サポート致します。

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ15年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して平成30年5月で10期目に入ります。お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ