静電気による誤動作について

静電気による誤動作について

大阪に在住していますと、最近毎日のように報道されている豪雪による事故は身近なものではありませんが、空気の乾燥は毎日実感しています。

最近カードリーダーなどのフリーズ現象が多発し、お問い合わせが多いのでご案内いたします。

空気が乾燥しますと静電気が発生しやすくなり、衣服に帯電します。その静電気がカードや暗証番号を入力するのに機器に触れた際に製品内部に入り込み誤動作が生じるようです。通常の静電ノイズであれば、問題は無いのですが、今回の異常乾燥により発生するノイズは15,000Vを超えるような場合も環境によってはあるようです。その影響でパソコンでも故障が多発し、修理業務が追いつかない状況だと聞いております。

ノイズの影響を受けた機器は「カードをかざしても反応しない。」「電源が入らない。」などの症状が出ております。

対応策としましては

アイタッチスリムのシリーズであれば、カードリーダーの非常電源供給端子の横にあるリセットホールをボールペンなどで一回押してください。再起動がかかり、復旧します。

その他電気錠のシステムに関しましては、電気錠制御盤の主電源を切っていただき、30秒ほど経過してから再起動させてください。現在お問い合わせいただいたものはこの方法で復旧しております。

以上ご案内申し上げます。

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ10年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して2年、お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ