セキュリティショー2018年

iDoorsクラウド型入退室管理システム

iDoorsクラウド型入退室管理システム

iDoors®

iDoors® リーダーはすべてLANで接続しますので、Webブラウザから簡単に操作できるのが最大の特徴です。もし少数の扉に入室履歴を安く導入したいお客様は、従来のように入室履歴管理ソフトを購入しなくてもIPアドレスを設定するだけで簡単に入室履歴管理が可能です。
もちろんFeliCa(フェリカ)や、MIFARE(マイフェア)のICカードにも対応しています。iDoors® クラウドでは登録されているユーザーのPC稼働状況を確認できたり、リーダーの設置場所に名前を付けてWeb上で視覚的に表示し、「誰がどの部屋にいるか」をわかりやすく表示することができます。

WEBブラウザでドアを遠隔操作

iDoors®リーダーは個々の機器にIPアドレスが設定可能な為、管理者が遠隔地にいてもドアの解錠が可能です。また、登録したカードは有効期限を何時何分まで詳細に設定できます。例えば貸し会議室で契約日時だけ会員カードを有効にしたり、遠隔地の扉の暗証番号を変更したり、管理者がWebからアクセスし、自由に鍵を開けたり設定を変更したりできます。

iDoorsクラウド型入退室管理システム

iDoors® クラウド

iDoors® マネージャーの便利な機能をクラウド型で提供するサービスです。自社に「iDoors®」を管理するサーバーを設置せずに、iDoors®を利用できます。ゲート設置型のカードリーダライタ装置であるiDoors®と連動し、細かな入退室管理をWebブラウザで実現します。クラウド型サービスのため、自社にiDoors®を管理するPC・PCの管理者を用意する必要がありません。またソフトウェアのアップデートなども、自社で行う必要がございません。

iDoors®マネージャー

iDoors®クラウド

ユーザーを一括で管理

24時間365日サーバの監視

入退室履歴の管理

各種お問い合わせへのメール対応

タイムカードとしての利用

ソフトウェアの無償バージョンアップ

入退室時にアラートメールの送信

アカウント追加/削除及びアンチバスパックの設定アシスト

Creone鍵管理システム

Basicシリーズ

Basicシリーズ

Basicシリーズは、操作の簡単さ・安全性を重視した設計をしています。1~8桁の暗証番号で安全に鍵の管理ができます。最大登録数は500通りです。キャビネットは色々なタイプがあります。(18,32,216個の鍵フック付き、又は6枚の扉付き収納ボックスタイプからお選び頂けます。)

最大登録数:500通り

停電対策可

増設可能

Systemシリーズ

Systemシリーズ

Systemシリーズのキーパッドにはデジタルディスプレイが付いているので、入力時の誤操作を防ぎます。増設キャビネットの他にも入力端子及び出力端子を使った様々な外部機器を接続することが可能です。非常にフレキシブルなシリーズです。

最大登録数:500通り

外部機器接続可

個別権限設定可

管理ソフトオプション

Keycontrolシリーズ

KeyControlシリーズ

KeyControlシリーズは数本の鍵から数千本の鍵まで、数の大小を問わずに一括で管理が出来ます。ディスプレイで簡単なメニュー表示と鍵の検索が出来ます。本システム専用の”インテリピン”と呼ばれるICチップを含んだ金属の棒と、そのインテリピン固有のIDを読み取れる”キーラック”を経由して1本1本の鍵の管理ができます。

最大管理本数:3万以上

最大2万ユーザー

履歴記録最大6万件

ユーザーやグループ別制限

週間カレンダー使用可能

Dorcas電気ストライク

Dorcas電気ストライク

Dorcas電気ストライク

日本で最も多く使われている錠前にDorcasドルカス製電気ストライクを枠側加工なく設置できます。
本製品の独特のデザインにより、一般的である枠側の加工が不要です。ラッチは電気ストライク内側に引込むだけです。
で既存の扉を簡単に入室管理システムに切り替えられます。一般的な電気錠に比べ工事時間も短縮できます。

扉枠にストライクパネルとして取り付ける電気錠

純正LA 錠のストライクと同寸法の為、工事が簡単

自動施錠タイプ(LAT 錠) と組み合わせて使用

DC10V ~ 24V 対応( 電線2 芯)

把持力: 2.230N / 330kg-f

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ