マンションエントランスへの非接触キーの導入

マンションの既存ロビーインターホンを非接触カードキーに 簡単なカード登録方法から、本格的なカードPC管理まで選択可能

非接触キー導入のメリット

『耐久性』

エントランスのカギは、すべての入居者が使用するので、一日に数十回カギの抜き差しがあり、どうしても住居部のシリンダーキーと比べて故障が多いカギになります。

幹線道路に面していて、ほこりなどの原因も重なり1年に1回交換をするマンションもあるようです。タッチリーダーは非接触カードリーダーなので、カギの抜き差しのような消耗はありません。

『安全性』

シリンダーキーは、カギを誰かが紛失した際にも対応ができませんでした。退去後も合鍵があれば入れるでしょうし、落とした鍵を拾われれば簡単に建物内に入館できます。

タッチリーダーは、タッチコネクターを使ってPCでカードデーターを管理できるので、紛失時や退去後には即時カードデーターを削除することができます。タッチコネクターを使わない場合は90・180・365日のいずれかで設定した日数の間カードを一度もかざさなければ自動削除されます。

『利便性』

荷物を持ちながらカギを取り出し、カギ穴に差し込むのがわずらわしく感じるときはないでしょうか。

タッチリーダーならICカードキー以外にも普段お使いの携帯電話などを登録することも可能で、かざすだけで自動ドアが開きます。セキュリティと利便性は相反するものでしたが、紛失したカードを削除できるなどセキュリティ性を向上させながら利便性も向上させることができます。

導入ケース1:エントランスのみ非接触キーを導入

エントランスに最適な非接触カードシステム 『タッチリーダー』

エントランスに最適な非接触カードシステム 『タッチリーダー』

導入のメリットでご紹介しました「耐久性」「安全性」「利便性」で導入をご検討されるお問い合わせが増えております。既設のエントランス用インターホンにも設置できることも、メリットとして挙げられます。

様々なカードが鍵に早変わり

タッチリーダーに登録できるカードは、taspo(タスポ)や、nanaco(ナナコ)、EDYカード、おサイフケイタイなど、一般的に普及したカードが登録できます。ソフトも難しい内容ではないので、PCをお使いいただける環境であれば簡単に登録、削除作業を行うことができます。

エレベーターへの導入も可能です

また、エレベーターの押しボタン付近に設置してカードを持っている方だけがエレベーターを呼べるようにする設定も可能です。さらにエレベーター内に設置して契約している階しかボタンを押せなくしたりすることも可能です。

導入ケース2:エントランス + 各ドアに非接触キーを導入

既設のシリンダーを生かした非接触ICカードシステム

エントランスや共有口を非接触カードにすれば、扉ごとに入室を制限することができます。ペット専用の足洗い場や、駐車場などオプション料金を支払っている方だけをカード登録して使用できるようにするなどの使い方も考えられます。

各住居部にKaba driveを取り付けて非接触キーのみでの運用もご検討いただけます。

シリンダーとの併用も可能です

Kaba ace/Kaba star neo

緊急解錠用シリンダーとして、Kaba star neo またはKaba aceを設置すれば、キーヘッドに装着できる専用ICチップ「evoloキャップ」が付けられます。通常はキーヘッドをカードリーダーに近づければ認証し解錠でき、万が一の緊急時にはシリンダーキーで解錠できます。

非接触キーシステム関連機器

このページ先頭へ

  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード

iPad・タブレット用スタンド(盗難防止スタンド)

IDカードホルダー

セキュリティボックス

資料請求・お問い合わせ

  • 電話・メールでのお問い合わせはこちら
  • カタログダウンロード