iDoorsリーダーの活用法 レンタルスペース・SOHOオフィス編

iDoorsリーダーの活用法 レンタルスペース・SOHOオフィス編

iDoorsリーダーの最大の利点はWEBブラウザーで設定を確認、変更できることだと思います。レンタルスペースやSOHOオフィスの共用入口への設置お問い合わせが多いのでご紹介させていただきたいと思います。

レンタルスペースやSOHOオフィスは短期的な契約も多く、セキュリティの観点から鍵ではなくカードでの運用をご検討されるケースが増えているようです。レンタルスペースの例では、12月22日の13時から15時を予約したお客様だけが入れるように、登録した会員カードを有効にしたり無効にしたりすることを遠隔で行えます。

もし、遠隔で管理するうえでVPNの構築が新たに必要であったり、拠点数が増えた場合にはiDoors Cloud(アイドアーズクラウド)が便利です。自社にサーバーを置く必要がなく、各拠点にVPNポインターという機械を設置するだけで遠隔監視が可能となります。カードの管理画面も見やすく、入室できる扉もチェックポイントを入れるだけです。登録できるカードはFeliCaもしくはマイフェアー規格のカードを登録できるので、すでにユーザーが持っているカードを登録したいとのご要望も増えています。それらのご要望をiDoorsリーダーはかなえることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ15年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して平成30年5月で10期目に入ります。お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ