シリンダーを残したアイタッチスリムの施工例

シリンダーを残したアイタッチスリムの施工例

アイタッチスリムの最大の特徴としてMIWA LAなどの錠前が付いていれば無加工でオートロックシステムにすることができます。ただ、シリンダーを取り付けていた穴にリーダーを取付けるので、既存のシリンダーは取外すことになります。しかしながら、オフィスビルや大学、複合施設などマスターキーで管理している建物ではシリンダーを残して設置することが条件になることがあります。

 

写真は施工前の扉です。関西の某大学での施工例です。暗証番号は口頭で広がり、鍵だと合鍵を作られてしまうのでカードで管理して履歴も取りたいとのご相談でした。ただし、グランドマスターキーシステムで管理されたシリンダーを残すことが条件でした。

 

そこで既存のシリンダー上部に開口しリーダーを設置しました。カードを追加登録するエントリーカードを部屋の管理者が持っていれば、勝手にカードを追加されたり削除される心配がありません。また、タッチコネクターで入室履歴も管理されています。

この現場では念のため新しいシリンダーに取替え、今後合鍵を管理者以外が作製できないようにしました。シリンダーをマスター対応にする必要が無ければハイセキュリティシリンダーに交換する方法もあります。

→アイタッチスリムの詳細はこちらへ

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ15年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して平成30年5月で10期目に入ります。お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ