Code-It(コードイット)はこんなところにも使われています。

Code-It(コードイット)はこんなところにも使われています。

Code-It(コードイット)はレバーを交換するだけで自動ロックにできる商品ですが、今までにない商材だけに「どのようなところに使ったらいいのだろう?」というご質問をよくいただきます。事務所や銀行などでの導入実績もあるのですが、弊社のHPからのお問い合わせで自宅に取付けたいとのご要望もあります。ほんの一例ですがご紹介します。

実際の施工例1:狩猟用に自宅に銃があり、その銃を保管している部屋の扉に取付けたい。少し古いデーターですが、平成21年度には狩猟免許保有数は186.000人だそす。http://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs4/menkyo.pdfまだ需要があるのではないでしょうか?

実際の施工例2:SOHOとして自宅のオフィスで仕事をしているので、子供にPCなどの機器を触られないように部屋につけたい。 なるほど!私も2歳の男の子がいるのでよくわかります。

私が「こんなところに需要があるのでは!?」と考えたところよりも、実際はお客様がアイディアをくれることもたくさんありますね。

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ10年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して2年、お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ