大規模停電の回避

大規模停電の回避

このたびの震災では様々な影響が出ています。

セキュリティ機器に関しても、防犯カメラ、入退室管理システムはもちろん、電気錠もその名の通り電気を使って施解錠を行います。電気錠には通電時施錠型と通電時解錠型があります。簡単に言うと停電時に扉のカギが開いた状態になるか、閉まった状態になるかです。施錠状態になる場合は入室するのにカギが必要になるので用意が必要でしょうし、重要な部屋が開いた状態になるのであればこの機会に設定などを再検討するのも良いでしょう。

大規模停電の回避のニュースは良いことですが、夏場などに向けて状況は変化すると思われます。今のうちに自社のセキュリティ設定をご確認することをお勧めいたします。

[著者] 小松こまつ 賢市けんいち

代表取締役 小松 賢市

かれこれ10年ほどセキュリティの業界にいます。最初はアナログのシリンダーキーの交換からはじまり、入退室管理システムや防犯カメラ、金庫まで様々な機器を取り扱ってきました。起業して2年、お客様のご要望と現場に応じた機器をご提案から施工まで行う「セキュリティコーディネーター」として仕事をしています。

資料請求・お問い合わせ

ご相談や見積りのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

東京
03-5953-7410
大阪
06-6260-7622

資料請求・お問い合わせ